リトリートメント 破折ファイルと上顎洞炎 2

4-1. 治療前

リトリートメント 破折ファイルと上顎洞炎 治療前

左上第一、二大臼歯に違和感があり、ちくのうの症状がひどいという患者様の当該部レントゲン像。図中矢印は治療時に使用されるやすりの断片。

4-2. 治療後

リトリートメント 破折ファイルと上顎洞炎 治療後

治療後。やすりの断片を除去し、2本の歯の根の治療をすべてやり直しました。

4-3. 治療前 CT

3Dレントゲン 治療後

当医院での、高精度高精細かつ低被爆コーンビームCTによる診断。図中矢印で灰色の部分は粘膜の肥厚(ちくのう)。

4-4. 治療後 CT

3Dレントゲン 治療前

治療後約4か月。ちくのうが治りました。しつこい頭重感と違和感は全く消失し、歯の症状も全くなったということです。

診断料

15,000 (レントゲン、CT撮影費を含む)

基本料金 / 再治療加算

前歯 小臼歯 大臼歯
基本料金 70,000 90,000 120,000
再治療加算 30,000 40,000 50,000

接着性レジン支台

23,000

穿孔部修復(1箇所につき)

20,000

根管加算

前歯 小臼歯 大臼歯
1根管につき 20,000 30,000 40,000

基本料金で想定される根管(神経管)数は前歯(1)、小臼歯(上顎:2、下顎:1)、大臼歯(3)です。さらに根管が発見、加療された場合根管加算1となります。

当該歯がすでに加療されている場合、再治療加算1となります。いずれの場合においても、支台(根管治療後の歯の土台)までのセットとなります。

歯内治療は、近年飛躍的な進歩により非常に高い成功率が得られるようになりましたが、決して100%ではありません。歯周外科治療やインプラント治療、あるいは歯内治療のような高度な技術が要求される場合、万全の体制で治療を行ったとしても、稀ではありますが予測しえない状況に遭遇することもあります。

リスクや副作用の例

  1. 痛み、術後の違和感、器具の破折、穿孔、麻痺がおこることがあります。
  2. 術前あるいは術中に、歯を構成する残存象牙質の質や量の評価から治療を中止することがあります。
  3. 治療中に、当医院へおいでになる以前の治療によって生じた問題が新たに発見された場合、追加の処置が必要となることがあります。
  4. 通法による歯内治療が奏効しなかった場合、外科的処置が必要となることがあります。
  5. 術後の違和感が長引くことがあります。まれですが完全に消失しないことがあります。
  6. 処方された薬剤の服用により吐き気、眠気、咳、湿疹などの一時的な副作用があらわれることがあります。
  7. 術前・術中・術後にX線写真および記録写真撮影を行うことがあります。