現代的な外科的歯内療法

根尖にできた膿の袋

根の先にできる膿の袋が大きくなると、ちょうどそれに相当する歯ぐきに"にきび"のようなふくらみができて膿が外へ出てくることがあります。

歯質が少なくなって再治療ができない状態

クラウン(かぶせ)や、中のコア(芯)を外してもう一度根管内の拡大や洗浄を行いたいところですが、歯質が少なくなって再治療ができないときなどはエンドドンティック・マイクロサージェリーの出番です。

根尖相当部を最小限に切開する

当該歯の根尖相当部を最小限に切開し、マイクロインスツルメントを使用して清掃します。

再発防止のための根尖を一部カットする

再発防止のため、根尖を一部カットします。

歯の根の先から逆に根管を形成します

マイクロスコープやマイクロミラーを用いて、歯の根の先から逆に根管を形成します。

逆根管充填

アメリカ発の特効薬であるMTAという特殊な薬剤で充填(逆根管充填)します。またこの空洞部にしっかり骨ができるよう、代替骨を埋めて特殊な保護膜でカバーします。

治療後

最後は創部を縫合し、治癒を待ちます。

歯根端切除後の正常な根管