グラフ

ここに一つのデータがあります。

抜髄(神経をとる処置)とは一般的にはじめての根の治療を意味し、感染根管治療とは一度根の治療を行ったのだけれども、痛みや違和感が続く、もしくは再発した場合に行われる治療で、一般的に一度以上処置の手が入った歯に対する根の治療をさしていいます。

これが意味するのは、ほとんどやり直しになっているということ。

いつまでもできない再治療

北米では、根の治療はイニシャルトリートメント(最初の治療)かリトリートメント(再治療)かという分類が一般的なのですが、リトリートメント(再治療)の成功率はおしなべて低く、またリトリートメント(再治療)を2〜3度繰り返すと、歯が薄くなってもう再治療ができなくなってしまう(抜歯になる)ことが多いのです。


根尖 拡大図

歯の根はとても複雑

模式図にすると簡単な歯の神経・血管のスペース(歯髄腔)は、実は大変複雑です。主たる神経管(根管)が複数あったり、根尖という根の先っちょには根尖孔という神経・血管の出入り口があるのですが、1根管に3.31個の出口があるとも言われています。これら根管の複雑性が再治療を生み出すのです。

現代的な歯内療法の成功率は高い

その繰り返しの結果抜歯? 神経をとることが将来の抜歯を予感させる? 本当にそうでしょうか? イニシャルトリートメント(最初の治療)の成功率を限りなく高くし、リトリートメント(再治療)を打ち止めにするために有効な方法があります。北米の専門医が採用するシステムです。現代的な歯内療法はその成功率をきわめて高くすることに成功しているのです。(2008年11月米国歯内療法学会雑誌より)


イニシャルトリートメント(最初の治療)を成功させる

リトリートメント(再治療)の成功率は低いのです。歯内療法を成功に導く第一歩は、イニシャルトリートメント(最初の治療)の成功です。抜髄(神経をとる)でスタートする治療をうまく行うことが大切なのです。

当医院では、著しく成功率を高くしている北米、特に先取性の高い西海岸のシステムを採用しています。(御希望の方に自費診療で提供)

マイクロスコープ(手術用顕微鏡)

歯内治療の対象となる根管(歯根の中の神経管)は大変複雑で、肉眼による治療には限界があります。米国の専門医治療では、マイクロスコープの使用が一つの条件です。

PRO ERGO

ニッケル・チタン製のファイル(やすり)

曲がりくねった複雑な根管を洗浄や薬剤の充填のために拡大するには、ニッケル・チタン製のファイルの使用が、米国の専門医ではほぼ常識となっています。

Pro Taper

使い捨てのファイル

日本の国民健康保険では、ファイルは洗浄し滅菌し再利用することとなっています(材料費の負担はなし)。刃物である性質上頻回使用では切れ味が落ちます。

米国の根管洗浄の基準

根管内の洗浄薬剤と洗浄時間についてはほぼ結論が出ています。もっとも新しい根管洗浄の基準を、もっとも効率的な器具で行います。

根管洗浄

根管洗浄

垂直加圧根管充填

根管治療の最終プロセスである根管充填(根管にお薬を詰めること)に、現状もっとも緊密に充填可能と思われる方法(垂直加圧根管充填)を採用しています。

垂直加圧根管充填


不幸にしてリトリートメント(再治療)が必要となったら...

実際来院されて治療に至るケースでは上記の東京都のデータでもそうなっているように、当医院においても80%以上がリトリートメント(再治療)です。このリトリートメント(再治療)の成功率を高めるために、当医院では2つのアプローチをやはり米国の専門医レベルの技術で提供しています(御希望の方に自費診療で提供)

根管治療のレッドゾーンは根尖1/3

根管の形態は実に複雑で、曲がっていたり、分岐したり。統計的にも根の先端付近で急に湾曲していることが多く、また先ほどの話にでた複雑な神経・血管の出入り口。なんといっても根尖1/3が、この治療のレッドゾーンとなっています(下図)。

根尖 拡大図

レッドゾーンへのアプローチは2つ

イニシャルトリートメントがうまくいかず、この部分に問題が出た場合、アプローチの仕方は二通りです。

一つ目はクラウンをはずして歯冠方向(順方向)から治療するのが非外科的歯内療法。一般的に症状が顕著でなく、レントゲンでの透過像(膿の袋のサイズ)が小さければ、歯冠からのアプローチを取ります。

二つ目は根尖部に外科的に直接アプローチするのが外科的歯内療法です。膿の袋が多きい場合やクラウン(かぶせ)やコア(芯)を種々の理由で外せない場合(もしくは患者さんの希望で外したくない場合)などは、外科的歯内療法の適応です。

非外科的歯内療法

リトリートメント(再治療)の成功率を高めるために、イニシャルトリートメント(最初の治療)同様顕微鏡を使用する、米国の洗浄の基準を守る、などは当然として、まずリトリートメント(再治療)を行うためには、現在入っているクラウンやコア(歯内療法後にクラウンを入れるために、歯の中に入れる芯)を除去しなければなりません。ただし、再治療後の予後をよりよいものとするために、歯質の削除を最小限にしなければなりません。そのために、専用のツールを準備しています。

メタリフト・PRS

メタリフト・PRS

エンドドンティック・マイクロサージェリー(現代的な外科的歯内療法)

外科的歯内療法では歯肉を切開し、根尖部へ直接アプローチし、問題となる根の先端をカットします。ただ侵襲を最小限にしなければいけません。そのために米国発のマイクロサージェリーが効果をあげています。手術用顕微鏡、マイクロメスやマイクロミラーといった特殊な道具立てで挑みます(逆根管充填材料にはMTAという特殊な薬剤を用います)。エンドドンティック・マイクロサージェリーの流れ »


世界の治療費

米国の平均的な治療費

専門医での大臼歯抜随治療(1歯) 1500ドル 約14万円

米国の物価を日本の3分の2と仮定しますと、専門医の治療費は日本の物価換算で約21万円に相当します。

日本の治療費

健康保険での抜随治療(1歯に根管1本の場合) 2200円
健康保険での抜随治療(1歯に根管3本の場合) 5700円

出典: nico APRIL 2009 「海外では高価な歯根の治療」


根管治療の診療例

リラックスした状態で

長時間開口には鎮静法を用いて、大変リラックスした状態で治療を受けていただけます。